顔脱毛をワックス脱毛する前にチェックしおくこと

顔脱毛をワックス脱毛する前にチェックしおくこと

顔を脱毛するにあたって、ワックスで脱毛することを考えている方もおられるのではないでしょうか。

 

確かに剃刀で毎回処理するよりは、ムダ毛の手入れをする手間が省けます。

 

ですが、顔はデリケートな 部分なので、顔脱毛をワックスで脱毛する前に、チェックしておくべき事柄がいくつかあります。
今回はその内容についてご説明させていただきたいと思います。

 

 

ワックス脱毛の特徴とは?また種類についても解説!

ワックス脱毛では、毛根から根こそぎ毛を抜くことになりますので、肌の表面がツルツルになります。

 

新しい毛が生えてくるまでには時間がかかるので、剃刀で剃るのに比べると、お手入れの頻度は少なくなるので負担が減るでしょう。

 

そして、顔の産毛を抜くだけでなく、いらなくなった角質も取れますので、さらに肌がすべすべツルツルになります。
脱毛後には、保湿のケアも徹底して行えば、毛穴もきちんと引き締まるので、化粧ノリが良くなったりと良い点もあるのです。

 

さて、ワックスの種類ですが、よく聞くワックスにはブラジリアンワックスというものがあります。
元は、デリケートゾーンの脱毛で使われるものですが、今では顔に使えるものもあります。

 

自宅でブラジリアンワックスをやる場合は、ソフトワックスをおすすめします。

 

理由は、やはり顔の肌は薄くて敏感なため、ハードワックスだと傷めてしまう可能性があるからです。

 

ブラジリアンワックスで顔脱毛する場合は、フルーツ酸配合の化粧水を使用しないことが原則です。

 

少なくともブラジリアンワックスをやる一週間前からは、それらを使用しないようにしましょう。

 

そして、ワックスシートというものがあります。
顔脱毛用のテープで、痛みはあまりないそうです。

 

毛穴パックくらいの痛みらしいので、痛いのが苦手な方でも使えるでしょう。
ですが、痛みが少ない分、きちんと抜けていない可能性もありますので、絶対に無駄毛を抜きたい方には向いていません。

 

市販で売られている脱毛テープの「ヴィート」は、少し大きいので、細かな部分に対応しにくいという不便さがあります。

 

そして、自分で作るものとしてアラブで一般的なシュガーワックスというものがあります。

 

天然素材なので、肌に優しいのが良いポイントです。
グラニュー糖と水をそれぞれ450g,450ml用意し、レモン汁を60ml用意します。

 

作り方は簡単で、砂糖とレモン汁を煮詰めてキャラメル色になるまで待ちます。

 

深いキャラメル色になたら、熱いうちに脱毛したい箇所に塗って、布を乗せてしっかりと押さえます。熱いので火傷しないように気をつけてください。

 

そして、引き剥がすことで脱毛できます。

 

 

ワックス脱毛後の注意点はどんなこと?

ワックス脱毛をした後は、きちんとしたケアが必要です。

 

ワックス脱毛は毛根から抜いてしまうので、毛を剃るよりはツルツルになりますが、肌が弱い方は刺激に負けてしまうこともあります。

 

ワックス脱毛をした後は、クーリングしたり、直射日光を避けるなどの注意が必要です。
肌の保湿も忘れずに行いましょう。もともと敏感な部分の肌に負担をかけるわけですから、保湿してしっかり潤いを与えるのも大切なことです。

 

そして、気をつけなければいけないのは、途中で毛が切れてしまうことです。

 

脱毛の最中に毛が切れると、埋没毛になってしまいますので要注意です。

 

ワックス脱毛を行ったあとの洗顔にも十分注意しましょう。

 

洗顔フォームを使って顔を洗う方が多いと思いますが、ワックス脱毛後の肌にはあまり良くないので、ぬるま湯で顔を洗った方が良いです。

 

汚れなどはワックスで十分落ちているので、こすらないようにしてください。
ツルツルの肌を手に入れるために、ケアを怠らないようにしましょう。

page top