顔脱毛でシミが薄くなるってホント?

顔脱毛でシミが薄くなるってホント?

顔脱毛を行うにあたって、シミが濃くならないのか心配な方もおられると思います。

 

よく、「顔脱毛をしたら、シミが薄くなった」という話を聞きますが、それは本当なのでしょうか。
そして、顔にシミがあったとしても、クリニックやサロンで施術を受けることは可能なのでしょうか。

 

今回は、顔脱毛とシミの関係についてご説明致します。

 

 

顔脱毛は小さなシミがあっても受けられるって本当?

大なり小なり、顔にシミがある人は少なからずいるでしょう。

 

そんな肌でも、顔脱毛ができるのかどうか。シミが悪化しないのか心配な方もおられるでしょう。

 

もしも、大きなシミや濃いシミがある場合は、その部分を避けて照射しますので、あまり気にすることはありません。
具体的にはシールのようなものを貼って、光が当たらないようにします。光が当たると火傷する可能性があるからです。

 

ですので、基本的にはシミがあっても、顔脱毛することは可能だといえます。
ですが、肝斑の場合は少し事情が異なってきます。

 

肝斑は紫外線を浴びることで悪化すると言われていますが、まだ具体的な関連はわかっていません。

 

ただのシミなのか、肝斑なのかは医師でも見分けるのが難しいので、様子を見ながら施術することになります。

 

肝斑の場合、脱毛機を照射すると、色が濃くなってしまう可能性がありますので、十分な注意が必要です。
肝斑はトラネキサム酸というものを服用しながら様子を見て治療していくので、脱毛用のレーザーで肝斑が薄くなるということはまずないと言っていいでしょう。

 

 

顔脱毛でシミが薄くなるというのは本当か?その仕組みは?

顔脱毛したら、シミが薄くなったという方も結構いらっしゃいますが、なぜシミが薄くなるのでしょうか。

 

大半のサロンやクリニックでは、だいたいフラッシュ脱毛かレーザー脱毛をするのが一般的です。
毛が抜けることで、肌の明るさがワントーン上がったという声もあるので、女性にとっては良いことづくめですよね。

 

だいたいのサロンで使われている脱毛器は、シミの原因となっているメラニン色素や毛根に働きかけることで、産毛を抜きます。

 

そして、その照射された光は、肌のターンオーバーを促しますので、結果的にシミが薄くなったように感じられるのです。これは脱毛による副反応といえます。

 

肌の奥深くには、ターンオーバーの停滞など、シミの原因となるメラニンが蓄積されています。
その部分に光脱毛の光をあてることで、メラニンが刺激を受けて消えてしまうので、シミが薄くなったと感じるのです。

 

特に、IPL脱毛という方法では、メラニン色素に強い光を当てて、産毛を生えにくくする作用があります。
このIPL脱毛は、特にシミを目立たなくするのに効果があると言われていますので、シミに悩んでいる方は、IPL脱毛をしてくれるサロンを探すことをおすすめ致します。

 

また、医療クリニックで主に使われているアレキサンドライトレーザー元は字の治療に使われていました。
ですので、にきび跡などにも有効です。その効果の高さから、美白レーザーとも呼ばれています。

 

このレーザーや肌のハリなども促してくれるので、美顔を求める人にとっては良いレーザーです。
顔脱毛をして、絶対にシミが消えるということは断言できませんが、肌のターンオーバーを促してくれるので、以前よりも肌が綺麗になること多いにあるでしょう。

 

もし、顔脱毛してシミが増えてしまったという場合、それは一時的にメラニンが浮いて出てきたものなので、あまり心配する頃はありませんが、いつまでたっても黒ずみなどが取れない場合は、もう一度サロンやクリニックに問い合わせてみましょう。

 

顔の脱毛をしながら、綺麗な素肌を手に入れたいですよね。

page top