顔脱毛はニキビ肌で大丈夫?ニキビが良くなる?その効果の実態は?

顔脱毛はニキビ肌で大丈夫?ニキビが良くなる?その効果の実態は?

顔の脱毛で気になるのは、やはり肌荒れではないでしょうか。

 

特に敏感肌の方や、ニキビ肌の方は、顔脱毛が出来るのかどうか、または出来たとしても悪化しないのかどうか気になるところだと思います。

 

今回は、顔脱毛とニキビ肌の関係について説明します。

 

 

フラッシュ脱毛ならニキビに反応しない?方法によって異なる!

脱毛サロンやクリニックで採用されているフラッシュ脱毛は、光をあてることで脱毛します。

 

これは、メラニン色素に反応して、脱毛しているので、黒っぽいニキビ跡があると、反応して火傷することがあるので、その部分はフラッシュを当てられないことが多いです。

 

実際に、ニキビがひどくて脱毛サロンで断られてしまったという人もいるようですので、フラッシュ脱毛を採用しているところは、ニキビ跡が本当に薄い人でないと、なかなか難しいと思います。

 

また、ニキビがある程度引いていても、赤くなっているニキビにも刺激を与えてしまいますので、その部分は避けるようにされるでしょう。

 

あまりにもニキビが酷い場合は、フラッシュ脱毛が出来ないこともあります。
ですが、それでも顔脱毛をしたい!というニキビ肌の方は、他の方法で施術してくれるサロンを検討することが必要です。

 

 

ハイパースキン法ならばニキビもよくなるって本当?

ハイパースキン法という脱毛ならば、メラニン色素に関係なく脱毛が出来るので、火傷などの心配はありません。

 

体温より少し高めの38度程度の温度で、美容効果のある光を当てます。
これなら、ニキビそのものも綺麗になっていくので肌荒れどころかニキビの改善にもつながります。

 

このハイパースキン法には、フォト美顔の光が含まれているので、美容効果も抜群です。
目安としてですが、だいたい半年ほど通えば、ニキビ跡も結構薄くなってきますし、2年目に突入したあたりで、ニキビ跡もほぼわからないようになるでしょう。

 

赤みがあって炎症を起こしているニキビでも、ハイパースキン法なら脱毛が可能ですし、よりいっそう綺麗になれます。
ですが、どのクリニックにもハイパースキン法の脱毛機を置いているわけではありません。大手ですと、ディオーネという脱毛サロンがあります。
ここでは、3歳からでも脱毛が出来るという敏感肌専門のサロン展開をしていますので、ニキビに悩む人も一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

 

 

ニキビが減って肌トラブル全般が減少する!顔脱毛の効果

ニキビは毛穴に古い角質などが詰まってしまうことで、炎症を起こすものです。

 

毛穴が開いていると、ニキビになりやすいですが、かといって、ニキビ対策に無理やり角栓を抜くフェイスパックなどを乱用していると、より肌が荒れやすくなります。
そうならないためにも、顔脱毛してしまうと良いでしょう。
顔脱毛をしてしまうと、古い角質も剥がれますし、毛穴が引き締まります。

 

毛穴が引き締まることで、以前よりもニキビになりにくい肌になるので、お手入れもしやすくなりますし、何より肌がワントーン明るくなったように見えます。

 

女性の方ならお化粧のノリが良くなるので、ニキビ肌に負担をかけない薄化粧でも綺麗に見えるので、顔脱毛の効果はあると言えるでしょう。

 

メイクでニキビを隠すようにしていると、毛穴に汚れが詰まってしまってm逆にニキビが悪化してしまう負のループに陥りますので、薄化粧で綺麗に見えるのは良い傾向です。

 

顔脱毛はなんとなく、ニキビがあると絶対に断られてしまうと思いがちですが、場合によっては可能ですし、ニキビもニキビ跡も綺麗に治ることもあるので、諦めずにカウンセリングしてもらうことが大事です。

page top