顔脱毛で毛穴は目立たなくなるのか?

顔脱毛で毛穴は目立たなくなるのか?

顔の産毛をお手入れするのは、面倒臭いですよね。

 

また、自己処理を行っているうちに、だんだんと剃刀負けをしたりと、トラブルの原因にもなりかねません。
さらに、女性を悩ませているのは毛穴の開きではないでしょうか。毛穴が開いていたり、黒ずんでいると、余計肌が汚く見えてしまいます。

 

そして、顔脱毛をすると、毛穴が目立たなくなるという話がありますが、これは本当なのでしょうか。実際どうなのかを検証してみました。

 

 

顔脱毛する前に知っておこう!毛穴はどうして目立ってしまうのか

そもそも、毛穴はどうして目立ってしまうのでしょうか。そして、なぜニキビなどができるのでしょうか。

 

原因は、古い皮脂や落としきれなかったメイクが、毛穴に詰まってしまうことです。
特に、皮脂は油分を含んでいますが、これをアクネ菌が餌としますので、アクネ菌が繁殖してしまうのです。こうして増えたアクネ菌が炎症を起こします。これがニキビの正体です。

 

そして、無理にニキビを押しつぶそうとしたり、ニキビが治っても、適切なケアをしなかった場合は、クレーターになってしまいます。
毛穴も開いて見えますので、メイクで隠すことに必死になるでしょう。

 

ですが、また厚いメイクをしてしまうと、それがニキビのもとになるので、際限なく毛穴のトラブルが起こるというわけです。
つまり、毛穴を清潔に保つことで、ニキビ予防にもなりますし、毛穴の開きを抑えることができるのです。

 

 

顔脱毛で毛穴はなくなるの?目立たなくなるって本当?

顔脱毛をすると、顔に生えている産毛を抜くことになります。

 

産毛は他の部位よりも光に反応しづらいので、何回も通う必要がありますが、完了した頃には、綺麗に毛が抜けていることでしょう。
そして、顔脱毛をすると、毛穴がなくなる、もしくは目立たなくなるという話がありますが、本当でしょうか

 

実際、脱毛とは毛を毛根から抜くことですから、毛穴そのものは無くなりません。
ですので、毛穴がなくなるというのは正解ではありません。毛穴が引き締まって見えるので、なくなって見えるだけです。

 

では、毛穴が目立たなくなるというのは本当でしょうか。こちらは、正解とも言えます。
毛を抜いた分、引き締まって見えるので、毛穴が以前よりも目立たなくなります。

 

そのような効果を売りにしているサロンやクリニックもありますので、毛穴の開きで悩んでいる方にとっては、願ってもいないことでしょう。
剃刀で毎回自己処理していると、どうしても肌トラブルになって、毛穴が開いて見えてしまうものですが、顔脱毛をするとそのストレスから解放されます。

 

顔の産毛が濃いというだけでなく、毛穴の開きが気になっている方は、顔脱毛する価値があると言えます。

 

 

顔脱毛でも照射できない部分があることに要注意!

顔脱毛では、額、頬、眉、顎、鼻の下などを施術してもらえますが、まぶたや鼻などは基本的に処理してもらえません。
一部のサロンやクリニックなどでは、鼻なども施術がありますが、ほとんどのサロンやクリニックでは行っていないので、まずカウンセリングやトライアルを受けるときに、,、自分が気になっている部分に施術してもらえるのかどうかをしっかり聞いておきましょう。

 

後になって、照射してもらえなかったということのないために、きちんと確認しておくことも大事です。

 

そして、顔脱毛はやはり効果が出るまでに時間のかかる脱毛ですので、すぐに毛穴が目立たなくならなくても、根気強く通うことが大切です。

 

 

顔の産毛が抜け切った後に、すべすべで明るい肌が手に入るでしょう。

 

毛穴が引き締まって見えるので、化粧ノリが良くなったという人も多いので、女性にとっては嬉しい事だらけです。

page top